HOME >> 公開情報 >> 経営状況 >> 平成30年度水道事業会計決算
更新日:2020年03月23日

平成30年度水道事業会計決算

 平成30年度は、平成29年度末に新たに策定した「甲府市上下水道事業経営戦略」の経営方針である「①安心でおいしい水道(安全)、②災害に強くしなやかな水道(強靱)、③将来に繋げる水道(持続)、④お客様満足度の高い水道(信頼)、⑤環境に配慮した水道(環境)」に基づき、管路・施設の更新及び耐震化の推進を実施するとともに、安全でおいしい水を安定的に供給し続けるため、水源保全の推進や水質管理の充実に努めた。

 



※施設の建設・改良などにかかわる収支の不足額は、減価償却費などの現金の収支を伴わずに企業内部に留保されている資金などで補てんしました。

※長期前受金戻入・・・償却資産の取得又は改良に伴い交付された補助金等(負債として計上)のうち減価償却費見合い分を収益化したもの

 



●平成30年度末の給水状況
給水世帯数 110,819戸(前年度比  694戸の増加)
給水人口    235,179人(前年度比  765人の減少)
年間総配水量 32,367,525立方メートル(前年度比478,611立方メートルの減少)



●経営状況
収益的収支は、収入5,629,393,348円、支出4,380,243,432円となり、1,249,149,916円の純利益となりました。
資本的収支は、収入518,844,010円、支出2,840,585,981円となり、2,321,741,971円の資金不足となりましたが、損益勘定留保資金(企業会計上、減価償却費などの現金の支出を伴わずに企業に留保されている資金)などで補てんしました。



●建設改良事業
老朽管対策及び災害時避難場所等管路強化等に伴う配水管の布設及び布設替27件7,831.3m、下水道管布設等工事に伴う布設替21件6,433.9m、他企業関連工事等14件1,731.1m、消火栓設置工事5件11基、平瀬浄水場第3系列薬品沈澱池フロキュレータ改修工事等の施設改良工事25件を実施しました。