HOME >> 公開情報 >> 放射性物質の測定結果 >> 水道水(平瀬浄水場系)放射性物質測定結果
更新日:2018年09月04日

水道水(平瀬浄水場系)放射性物質測定結果

・山梨県における水道水の放射性物質の測定は、原子力規制委員会の委託調査により行っています。平成28年度からは、これまでの3ヶ月間採取しての測定から、年1回測定(平常時)に変わりました。

甲府の水道水(平瀬浄水場系:山梨県衛生環境研究所の蛇口水から採取)が対象となっていますので、当ホームページにおきましても県の公表に伴い順次掲載します。
 
 
【平成30年度測定結果】

採 取 日

   採 取 場 所   

  放射性セシウム(Bq(ベクレル)/Kg)
セシウム134  セシウム137

平成30年6月4日

  甲府市富士見(衛生環境研究所)

不検出

 不検出

※「不検出」は、検出下限値未満であることを示す。
検出下限値は、セシウム134で0.39mBq/kg、セシウム137で0.34mBq/kg
 
 
 
 

これまでの結果については以下のとおりです。

          

 

 

 

平瀬浄水場系の水道水でこれまでに放射性物質が検出された日の履歴は次のとおりです。

なお、平成23年4月2日以降は、放射能は検出されていません。