HOME >> 一般向け情報 >> 施設案内 >> 水道資料館(水交庵)
更新日:2017年12月06日

水道資料館(水交庵)

所在地  甲府市平瀬町437-3(平瀬浄水場内) 

TEL  055-251-8111~3

 


甲府の水道は、大正2年(1913年)1月に給水を開始しました。

「水交庵」は、荒川ダム・平瀬浄水場の拡張工事の完成と甲府の上水道創設75周年を記念して、歴史的資料を保存・展示し、水道について理解を深めていただくため、昭和63年に開館いたしました。「水交庵」という名前には、水に親しみ理解を深めてもらいたい、また、人と水が交わる場所に・・・という想いが込められています。

 

                           

                                                              写真:水道資料館(水交庵)

 

 

水道資料館(水交庵)の建物は平瀬浄水場内にあり、以前は事務所として使用されていました(昭和10年建設)。木造平屋建、瓦葺で正面中央にある2連のアーチで構成された玄関ポーチのデザインに特徴があり、現在では文化庁の登録有形文化財として登録されています。

江戸時代の「甲府の水道」や明治時代の「水売り」など、甲府の水道の歴史やしくみについて学ぶことができます。

 

「水交庵」は平瀬浄水場の施設見学コースで見学することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

玄関に入ると「水道開通式の歌」が自動で流れ、甲府市の鳥「カワセミ」をあしらったオブジェがお出迎えします。
木樋の現物を展示した江戸時代の甲府上水
御膳水を売り歩いた水売り屋の模型
昔の水道工事に使用していた工具と道具
龍吐水などの昔の消火道具
配水管から蛇口までの断面模型
送・配水管の実物展示
水道施設についてのパネル展示
水に関する知識を楽しみながら学べるコーナー

 

 

昔から現在に至るまでの貴重な展示品を展示しているため、訪れるみなさまが水道の歴史を知る上で、欠かせない施設となっております。