HOME >> 一般向け情報 >> 甲府市のマンホール >> 【こうふ開府500年記念事業】ARアプリでオリジナルデザインマンホールを読み込んでみよう
更新日:2018年09月04日

【こうふ開府500年記念事業】ARアプリでオリジナルデザインマンホールを読み込んでみよう

2018年3月・7月に設置しました、こうふ開府500年記念事業のオリジナルデザインマンホールをスマートフォンのARアプリで認識させることによりマンホールに関連したコンテンツを見ることが出来るようになりました。

 

ARとは「Augmented Reality」の略で、一般的に「拡張現実」と訳されます。スマートフォンなどを通すことで実際に目の前にある現実の風景にコンピューターで作られた映像や画像等を重ねることで現実世界を拡張する技術です。新聞記事を読み込むことで動画ニュースが再生されることなどに活用されるほか、この技術を使ったゲームやアプリなどが人気を集めています。

 

○対象となるマンホール

①武田信玄公イラストデザイン

→ ①の設置場所はこちらから

 

②こうふ開府500年記念ロゴデザイン

③戦国BASARA信玄くんデザイン

→②③の設置場所はこちらから

 

○アプリで見ることのできるコンテンツ

1:こうふ開府500年記念事業のPR動画(short ver)

2:マンホールのデザイン毎に甲府市のそれぞれ異なるHPへリンクします。

 

 

 

 

○ARアプリの使い方

①スマートフォンに「COCOAR2」®をダウンロード

※AppStore、GooglePlayなどからダウンロードが可能です。ご利用の端末をご確認ください。

 

②アプリを起動し、対象のマンホールを正面から認識させる。

 

③画像の読み込みが完了すると、PR動画が自動再生されます。

 

※ダウンロードやご利用時にかかるパケット通信料等はご自身のご負担となります。

 

 

 

お問い合わせ先:甲府市上下水道局 経営企画課 TEL:055-228-3317(直通)