HOME >> お知らせ >> 【2019年】桜の開花時期における中区配水場の施設開放について
更新日:2019年03月07日

【2019年】桜の開花時期における中区配水場の施設開放について

毎年ご好評をいただいております、桜の開花時期における中区配水場の施設開放について今年も実施いたします。

 

○中区配水場とは

 平瀬浄水場から送られてきた水を貯水し、主に甲府市東部地域へ送水するための水道施設です。

大正元年11月に建造され、大正2年1月の給水開始以来100年以上使用されており、甲府市民の生活に欠かすことのできない重要な役割を果たしています。

 

○施設の開放期間について

2019年3月25日(月)~4月5日(金)(12日間)

※ただし荒天の場合、安全のため施設の開放を中止することがあります。

 その際にはホームページの新着情報へ中止のお知らせを掲載いたします。

 

○施設へのアクセス、開放時間等について

施設住所:甲府市愛宕町372  【googleマップ(外部サイト)へリンクします】

開放時間:9時30分~16時

 

【アクセス】

JR甲府駅北口から山梨英和高校方面に向かい、「古(いにしえ)の道」入口から石畳の歩道を進んでください。

徒歩20分程度。途中坂道がありますので足元に気を付けてお越しください。(下図参照)

 

○施設開放時の注意点について

①駐車場はございません。公共交通機関等をご利用ください、

②水道施設となりますので、ペット同伴はお断りさせていただいております。

③飲酒・喫煙はご遠慮ください。

④ゴミは必ずお持ち帰りください。

⑤見学ルートには安全のためロープが張ってあります。ロープの先は立入禁止です。